Senior Services

シニアサービス事業

Business policy

現在の主体事業であるドライバーズスクールは、運転技能の習得や免許取得支援のビジネスです。しかし、見方を変えると命を守る仕事でもあります。そのようなマジオネットの強みと考えを活かした新事業として生まれたのがシニアサービス事業です。高齢者の日々の生活をより便利に、安全にすることが我々の使命です。

民間救急課

マジオ民間救急サービスは、医療特化の民間救急です。管理・観察・看護・介護をご家族様、病院ご関係者様とともにチームワークを大切にして、心の救急ケアに配慮します。

  • 【民間救急サービスとは?】

    医療系の民間救急は、東京消防庁患者搬送適任乗務員のほかに救急救命士や看護師、介護ヘルパーなどの医療資格を持った者が必ず同乗し、患者様に必要な医療機器及び観察に必要な資器材を完備しています。通常短距離移送については、東京消防庁患者搬送適任乗務員と救急救命士2名乗車となり、必要に応じて、看護師及び介護ヘルパーの付帯乗務となります。

  • 【業務内容】

    医療機関を指定して診察を受けたい場合(外来受診院内付添いも行います)。医療処置(点滴・吸引機や酸素ボンベなど)を続けながら搬送する場合。車椅子やベッドに寝たままで通院、入退院、転院する場合。緩和ケア病棟一時帰宅、医療処置を受けながら一時帰宅・冠婚葬祭・温泉旅行などの場合。

宅配課

2025年には、高齢化率が30%を越えて、団塊の世代が一気に後期高齢者に突入します。日本はかつてない高齢者ばかりの国になるといわれています。しかし、今の高齢者は明らかに若く、元気です。今すぐの喫緊の課題として介護を必要としない人、まだまだ住み慣れた自宅で元気に暮らしたい人、介護が必要であっても、在宅で暮らしたい人などの間で、お弁当の宅配、つまり配食のニーズが高まっています。いちいち食事の準備のために外出するのがとても大変だったり、買い物をできる場所が近くになかったりなど、高齢者の「買い物難民」も多くいて、問題といわれています。そのようなニーズをとらえて、当社は高齢者宅配事業に参入しました。我々は「全てはご高齢者のために」の理念のもと、古き良き時代の「向こう三軒両隣」の想い、すなわち、「ご家族になれなくてもお隣さんになれる」という心根を持って、日々の運営をしております。

【こだわりのサービス】

  • 栄養バランス
  • 普通容器のこだわり
  • 手渡しで会いに行く
  • ケアマネージャー様にも喜ばれています
  • 施設様向け対応

健康トレーニング課
(脳若)

脳若トレーニングとはタブレット端末を使ったIT体験を講師(コミュニケータ)中心に行う、笑いが絶えないコミュニケーション重視のトレーニングです。自動車学校には、免許更新時の講習のために、70歳以上の元気なシニアの方が多勢いらっしゃいます。そういった方々にこれからも明るく自立した生活を送っていただき、いつまでも安全に運転していただくためのお手伝いをしていくことが、我々のもう一つの使命であります。