ISO39001認証取得

株式会社 マジオネット

 

          道路交通安全方針

基本理念

株式会社マジオネットは、交通事故を人の力と意識によって確実に減らすことのできる人災であると捉え、

人々の心と暮らしを豊かにするために社会に貢献することを掲げ、交通事故の撲滅に向けて活動してい

きます。

基本方針

1. 道路交通安全に関する取り組みを企業理念の実践的な活動の基本と位置づけ、人々の心と暮らしを豊かにするために社会に貢献します。

2. 道路交通安全を確保するため、当社社有車に関わる道路交通事故のあらゆるリスクを分析・評価をし、 道路交通安全に関する目標及び詳細目標の設定を行い、道路交通安全マネジメントシステムを運用します。また、定期的に見直しを行い、継続的改善を行います。

3. 道路交通安全に関する法規制や社内外の安全に関する要求事項を順守します。

4. 道路交通安全マネジメントシステムの継続的改善を行うため、取り組みの体制、取り組みの仕組み及び手順を確立し運用します。

5. この道路交通安全方針は当社の社員及びグループ会社で働く全ての人々に周知すると共に、広く社会に公開し利害関係者とのコミュニケーションを積極的に進めます。

平成26年7月1日
株式会社マジオネット
代表取締役社長 松本義孝

 

和歌山県では初となるISO39001の認証を

マジオドライバーズスクール和歌山校が取得いたしました。

 

マジオドライバーズスクール和歌山校ISO39001の目標

RTS目標

当社有責による死亡・重大な負傷事故を1年間で0件を維持する。

RST詳細目標

① 有責教習者事故件数を1年で1件以下にする。

② 有責送迎事故件数を1年で2件以内にする。

 

ISO39001とは

「道路交通安全(Road Traffic Safety:RTS)活動の国際マネジメントシステム規格」

現在、交通事故により世界中で年間に130万人以上が死亡し、2千万人から5千万人が負傷しており、それも増加傾向にあります。交通事故は社会・経済・健康に極めて深刻な影響を及ぼしていると言えます。このような状況に鑑み、交通事故による死亡と重症を減らす活動を効果的・効率的に推進するためのマネジメントシステムツールとして、この規格は開発されました。

RTS推進には重要な「緊急事態対応」、「インシデントを含めた交通事故調査」が要求事項として織り込まれています。
日本では、道路運送法による「運輸安全マネジメント」が運用されていますが、これとは親和性の高いシステムとなっています。

対象組織 : 道路交通安全に関るあらゆる組織が対象となります。 (荷主/旅行業者/運送業者/保険会社/車のレンタル・リース業/保険会社/カーメーカ・安全装置メーカ/車が集合する施設/従業員の 道路交通に注目する企業/自動車販売・整備業/行政/学校等道路交通に 配慮が必要な組織/道路建設/道路管理等々)