企業研修

交通安全教育、交通安全対策の効果がでない、事故が減らないとおなやみの方へ。

今や自動車は企業活動には欠かせないものになってきました。しかしながら、自動車の運転は大きなリスクを伴います。ひとつ間違えば、人命に関わることにもなりかねません。そうした運転を仕事として命ずる限り企業がその安全確保のために万全を期するのは企業に課せられた義務のひとつと言えるのではないでしょうか。人の命を守り・企業の利益を守り・顧客及び社会から信頼を得るためにも社員の安全運転教育は重要課題のひとつと考えられます。

米メジャーリーグで活躍中の松井秀喜選手が大切にしている言葉だそうですが、車の運転も心構えひとつで大きく変わるのです。そのためには、まず自分の状態に『気づく』ことが大切です。

気づきをテーマにした体験型安全研修

安全運転をするためには、まずドライバー自身が自分の状態に『気づく』ことがポイントです。問題となる行動、弱点はないか、性格や運動能力から事故につながる要素はないか、ドライバー自身が自分の状態に気づき、それをしっかりと理解し、是正していくことが安全運転への第一歩となります。マジオの安全研修は『気づき』をテーマにした体験型安全研修となっています。

行動変容の流れ

主な企業研修

  • 新入社員研修
  • 一般社員研修
  • 事故多発社員研修

お問い合わせ

企業研修に関するお問い合わせはマジオドライバーズスクール鹿児島校 交通安全教育センター課まで。

特設サイトをご用意いたしましたので、詳しくはこちらをご覧下さい。